プラチナカード取得体験談

プラチナカードは、本当に取得困難なものなのでしょうか?カード会社によっては、デスクに直接電話してプラチナカードが欲しい旨を伝えることで、グレードアップの審査をしてもらえます。電話で伝えれば、少し経ってからカードがそのまま送られて来る場合もあれば、申込用紙が送られて来て、改めて申し込みする場合もあるようです。

プラチナカードは、年会費が高いことでも知られていますね。つまり、カード会社からすれば年会費の高いカードの方が、年会費での収益が高くなるわけですから、プラチナカードの方が有利ということになります。事実、このタイミングでプラチナカードへのグレードアップを申し出て、取得できたという体験談もあります。

グレードアップを申し出て、改めてカード会社の方で審査を行い、遅延などがなければプラチナカードを取得できる可能性が高くなります。

年会費無用の一般カードでも多くのものは国内や海外で適用される旅行保険が付いています。

交通事故にあってしまったり、急に高熱が出た場合などに対応していてグレードが高いほど補償される金額が多く心強いですね。

一般的に国内旅行よりも海外の方が限度額が高く設定されていますがこの原因は日本の医療保険制度が海外より充実しているためかもしれません。

携行品の破損や盗難、ショッピング保険などが付帯していることも多く申告までに期限を設けている会社もありますので注意が必要です。

自動付帯か利用付帯か規定された条件によって異なりますが所有していれば自宅に保管していても適用されるのが自動付帯で、支払に使用しなければ適用されないのが利用付帯です。

インターネットのショップで買い物をするときにネット決済を使えばオンラインで支払ができます。

いくつかの支払い方法がありますが、パソコンからのネットバンキングが便利です。

買う側はコンビニやATMまで出かけて行かなくても済むので時間を気にせずショッピングができるメリットがあります。

売り手は都合が良いときに入金を確認すれば良くWEB上に記録が残っているので入金管理が楽になります。

しかし、便利なシステムでもウィークポイントがつきもので情報漏による偽装などの不正利用をされる可能性もあります。

現金が手元に少ないときにキャッシュレスでも買い物できる物を持っていると便利です。

例えば、買い物に行って会計する時に現金が少ない事もあると思います。

そんな時に、この1枚で支払いを済ませれば欲しい物を我慢することなく手に入れられます。

それに、これは支払に利用する他世界中でキャッシングできる機能が付帯しているので現金が欲しいときはこれを使用し提携ATMから引き出すことができます。

小銭しか持ち合わせていない時持っていると便利なのがクレジットカードです。

クレジットカードを発行する会社は沢山ありますからどの会社のカードにしようかはっきり決断出来ずにいる人もいるでしょう。

万が一、迷われた時はカードを見比べてみると良いです。

クレジットカードの比較はネットからクレジットカード比較サイトなどを見ると良いでしょう。

飲み会や打ち上げ会の支払でもクレジットカードを使うとレジで手間取ることもなく、簡単に精算することができます。

手数料が運営会社の大きな収入源なのですがこれは利用者が支払うものと店舗側が支払う加盟料というように両者から徴収されます。

営業内容によって加盟店が支払う比率には差がありバーやクラブなどの飲食店は2番目に高い率の業種で4%から7%に設定されています。

決済回数は3回以上から利用者にも支払う料金が発生しますので毎月の利用額に金利が加算されて口座から自動引き落としされます。

3回未満の支払にローン料金を加算しないのは購買量を多くするための運営会社の配慮なのでレジで加盟料を請求してきても払うものではありません。

クラッシックカードでは得られないステータスがゴールドには与えられていて通常会員が利用できないサービスを受けることができます。

日本で発行されている大半は年会費が高額で審査が厳しかったですが近年では、よりハイレベルなカードが作られてきたので、条件はゆるくなってきたようです。

対象会員ならではの特典があり、一例として専用デスクの利用、ホテルや航空券、劇場などのチケットの手配などがあります。

年間の会費無料なものもありますが、こちらは既存の会員の中から一定の利用条件を満たした人だけが企業側から「お誘い」を受けるシステムなので、自発的に申し込んでも受け付けてもらえません。

その上、規定の決済金額で年会費が不要になるものもあり、シティカードジャパンのシティバンクシティゴールドカードでは年間30万円の決済で適用されます。

クレジットカードは買い物の支払い時に財布から現金を取りだす必要なく支払いが出来るのであるととても便利なカードです。

さらに、買い物時の支払いに限らず公共料金の支払いも出来ます。

カードを使用してこれらの料金を支払うといつの間にかポイントが加算されている事もありそれが目的で支払いをクレジットに指定される方もいらっしゃいます。

ところが、クレジット指定にすると口座振替とは違い月額の割引制度から外れる事もあります。

持っていると役立つクレジットカードを作る時の審査は数あるローンの審査の中で比べると簡単に済むケースが多くだいたいのクレジットカード会社がネットからの申し込みがいつでも可能です。

何か過去にローントラブルが無ければそんなに難しい申し込みではなく、比較的簡単な方法で短い時間で審査が終わる場合が多く審査に合格すれば約1週間程度でカードが本人宛に届きます。

小銭しかない時に役立つクレジットカードはカード会社が多数存在するのでカードをどの会社の物にしようか迷うという方も多いでしょう。

申し込みを考えて居るときに参考になるクレジットカードの選び方は年会費や金利などに目を向けてみる事です。

カードの年会費を支払いたくない場合は年会費を支払わなくて良いクレジットカードを。

クレジットカードのキャッシングも利用したい人はキャッシング時の金利が低いカードがお勧めです。

現在、電子マネーは種類が多くなってきており我々の日常生活に浸透してきているsuicaやpasmoなどもそれにあたります。

オートチャージ機能があれば自動で入金してくれてショッピングや食事の支払は残金の範囲内で行なうことができます。

レジでお金を数える必要が無いので手軽でスムーズに勘定を済ませることができるため効率的です。

1ヶ月単位で弾き落とされるキャッシュレスなカードは使いすぎる危険がありますがこのシステムは先に入金を済ませているので安心です。

又、債務不履行になる心配が無いため面倒な審査がありませんから専業主婦でも利用できるので便利ですね。

世の中の不景気はまだまだ続きそうなので節約をする必要がありますね。

日々の節約生活の中に是非取り入れて頂きたいのが、現金なしでも買い物できる1枚です。

何かの支払いの時にこれを使用すると蓄積されるポイントがあります。

付いたポイントは商品券・その他の商品と交換する事が出来ます。

ポイントを効率良く蓄積するにはポイント返しの率が良いもの使用してすべての支払いに使用するのが一番貯まる方法です。

商品を購入する時に1枚あると便利なカードがクレジットカードです。

カードで支払いを済ます事が出来るので、わざわざ現金を出す必要がありません。

クレジットカードを提供している企業は沢山ありますが通常、カードを使用すればするだけカードにポイントが付きます。

ポイントの使い道は色々ありますがポイントを使って請求額の支払いを少なくしたりいっぱい貯めて豪華賞品と交換するといった事も出来たりします。

お金がなくても買いたいものが買える1枚、その支払い方には一括払いの他にも、支払方法に選択肢があります。

リボ払いで支払う方法は分割で支払う方法と違っていて月々決められた金額をその会社に支払います。

月の支払額を一定にできるので金銭管理をしやすく出来るのが特徴です。

ただ、この方法は手数料も上乗せされますので安易に選択する事はお勧めできません。

あると重宝する物ですが、支払いは計画的に行いましょう。

現金がなくてもショッピングできる1枚を持っていると万が一の時に安心です。

ショッピングの支払に利用できる他現金が引き出せる機能が付帯しているので現金が必要な時にも素早く対応できます。

この1枚の作り方は色々とありますが、一番簡単な方法はインターネットから申し込みをする事です。

ネットからの申し込みは現在ポピュラーな方法になっています。

インターネット以外の方法ですと申し込み会社からの書類に必要事項を記入し再度郵送するという方法があります。

お金いらずで飲食店や買い物ができるので会計がスムーズになるカードがありますね。

利用額の何パーセントかのポイントが付いたりイベント開催時には数倍になることもあります。

使い方は簡単!支払いの際に提示してサインするだけですが名義人以外の人が使うと規約違反になります。

利用によって立て替えられた商品の代金は毎月の決済日に銀行口座から自動で引き落とされます。

通常、1回払いで引き落とされますが買い物後でも変更ができます。

関連ページ